カテゴリ:フィッシング( 4 )

8月18日 知床-1

我が家の毎年恒例・知床釣行、
今年は15日に出発

天気がイマイチだったけど、バッチリお目当てのカラフトマスを釣ってきた!

d0111311_13444121.jpg

↑初めに釣れたオス
オスはこの時期になるとイカつい顔になり、背が盛り上がってくる


例年だと道路が途切れたさらに先へ歩いていった河口でやるけど、その釣り場の状況があまりよくなかったので漁港でやることにした
朝4時から竿を振りはじめ、
30分ほどで港内に群れが入ってきたのが見える
群れの先頭あたりへルアーを投げると 
きたきたきたーっ!
ルアーが根がかりしたかと思うほどずっしりと重たい手ごたえ

好条件が揃っていたので釣れて当然なのだけど、続いて釣れたメスは私にとって特別な1匹
周りでもポコポコと釣れ出したあと、少しアタリが収まった
それでもルアーを飛ばす、リールを巻く、ルアーを飛ばす、リールを巻く…と繰り返していると、5メートルほど手前、ルアーが戻ってきたのが見えたころ、魚が追ってきているのがしっかり見えた
ルアーに食いつきそうだけど、ライン(釣り糸)の巻き取りももう終わる
ルアーが水面に出てしまいそう
こちらの姿もまる見えだからそのまま逃げちゃうかもしれない…
緊張が高まったその一瞬、ダメかと思ったのに見事に食いついたー!
岸壁の上でやっていたのでその様子をバッチリ見届けることもできた
珍しいほど小ぶりなメスだったけど、ウロコがちゃんと残った銀ピカの魚体
他にも釣れたけど、この1匹で大満足だった!


今回の釣りではカラフトマスの他に、小物たちにも遊んでもらった

d0111311_1484335.jpg

                    カジカさん

d0111311_1493033.jpg

                    ガヤさん

d0111311_1494544.jpg

                    ソイさん

入れぐい状態で釣れちゃうし、なんと言ってもワーム(疑似餌)をツンツン突ついているのが竿を通して伝わってきて楽しい
25センチくらいの大きめの魚だとその伝わり方、針にかかった時の力がすごい!


帰りに羅臼川でオショロコマもやってきた
いっぱいアタリがあるけど、2人でやって釣れたのは1匹…
まぁ楽しんだし、これで撤収! と思ってラスト1投すると、ものすごい手ごたえを感じた
右へ左へ、上流へ下流へ、走る走る
バシャンと跳ねた魚体はここで見たことのあるオショロコマよりかなり大きい
必死になって川岸へ引っぱり上げると…


d0111311_1422355.jpg

な、なんですってー!
カラフトマスじゃ~ん

川を遡上するサケ・マスを捕獲することは禁止されているのでアセって川にリリース

オショロコマ向けとカラフトマス向けではタックル(竿やリールなど道具)が全然違う
なんでこんなタックルで釣り上げることができたんだ…
針もかえしのないタイプだったからバレなかったのが不思議!
(私の腕がいいから!?)

最後にびっくりハプニングが起きて、キレイな魚体を見せてもらって、
充実した知床の釣りだったー
[PR]

by totty1212 | 2007-08-18 14:34 | フィッシング

4月29日 我が家はルアー工房

今年に入ってからだったか、ダンナさまはルアー製作に没頭
「ジグミノー」というタイプのルアーだ
材料を買ってきて、イチから作っている
いくつも工程があり、見ている私には「面倒」としか思えないけど、かな~り楽しいらしい

試しに1度だけ、形づくりと色付けをやってみた
やっぱり1個やったら飽きた
どうしてそんなにモクモクとできるのか…不思議

いくつも失敗を重ねて、だんだんいいものができてきている
しかし、最近はコーティング材がシワシワのまま固まってしまうという問題に直面
以前から時々顔を出しているプロショップへ久々に行って相談していた
なんだか思いがけない素晴らしいアドバイスを頂けたそうで、帰り道ずーっと感心していた
聞けばたしかにとっても単純なことだったわけで、「目からウロコ」だったのでしょう


d0111311_051637.jpg

ジャーン!
形も色づかいも貼る素材も、いろいろ変えて作っている
風呂場で泳ぎのテストもやったけど、いい泳ぎ方をしていた


d0111311_072818.jpg

ワルじゃん
次はまつ毛バッチリ、アイライナーもひいて「ギャル仕様」ってのはどうだろう!?


作るほうに夢中だから、釣りには近頃あまり行ってない
(ロックがいるのも理由だけど)
遠出せずに済むからトッティは心の中で安心してるかも?
d0111311_0131035.jpg

「おうちでゴロゴロするのが好きです」


がんばって作って、
お店で売られているような立派なものができますよ~に!




今日はロックを病院へ
前回の診察から10日くらいたったので
ワクチン接種はできるかな、と期待して行ったけど、まだダメだった
肝臓の数値が高かったから、渡されている薬を飲みきってからのほうがよいとのこと
さらに10日くらいこのまま~
早く散歩に連れていきたいな

これまでキャリーケースに入れて病院へ連れていっていたけど、
今日は試しに胴輪とリードだけで行ってみた
家ではだいぶ落ち着いてきている
だけど今日は休日ということもあって待合室は犬も人も多かったから、ロックの興奮は冷めない
足で挟んでお座りさせてはいたけど、誰かが入ってきたり出ていったりする度に鼻をならしたり吠えたり…
落ち着きなんてゼロだった
しかもトリミングをまだ控えているので、全身がボーボー
(特に顔がね…)
「あの飼い主、ひどい犬を飼ってるのね」とか「犬の管理もしつけもちゃんとやりなさいよ」なんて思われていたんだろうな

仕方ない
毎日散歩にも行けず、狭い我が家でしか過ごしていないんだから
知らない犬も人もぜ~んぶ大きな刺激だわね
次回はどうしようかなぁ
やっぱりケースのほうがいいだろうか
少しずつでも慣れるためにはケースなしで頑張ってみようかな…

診察はカンタンな問診だけで終わった
次回は異常なしでワクチンできますよーにー
[PR]

by totty1212 | 2007-04-30 00:34 | フィッシング

3月21日 釣果1匹

数日前から海アメ釣行リベンジを企てていたけど、前日夜に急きょ変更
何気なく釣り情報を調べていると…
おぉ!ホッケが上向きだって~!?
ちょっと古い情報だけど岩内港で3ケタだとか
例年だともう少し暖かくなった頃に投げ釣りに行っているけど、こんなこと知ってしまったらじっとしていられない
「食料調達しにレッツゴ~!」


岩内港はわりと大きめの漁港で
ファミリーフィッシングも楽しめるいいポイント
情報では西防波堤の中間部がいいとのこと
この防波堤は全長2キロくらいはあるので先端まで行かずに済んでヨカッタ

荷物を持って防波堤を進んでいくと
釣りを切り上げ帰っていく人ばかり
中間あたりで会ったおじさんには
「シケてひどいわ。地元の人も帰るんだから危ないぞ。やめとけ」
と言われた
たしかに外海は白波が立って荒れている
例のごとく…天候は悪化してきた
強風にまじって雪も降ってきた
(今日はいい天気だと思っていたのに!)

おじさんの忠告を半分素直に受けて、これ以上先へは進まず、その場で港内に向かって竿を出すことにした
d0111311_22282925.jpg

寒さで背中が丸くなる~


最初に会ったおじさんが「今日はダメだ。こんなの滅多にねぇ」なんて言っていた
あぁ、その通りかも
結局1時間弱でその場を離れ、対岸に移動
車の中で見張っていられるのでラクだけど…
そばに4台の車があってみんな同じようにやっているのに、2時間ほどやって全体でカレイ1匹だった
もちろん私たちはゼロ

ここでまた予定を変更して小樽でソイ釣りをすることにした

すると…
早速私の竿にアタリがぁ~!
きた!きた!
でもつい慌ててしまってバラしちゃった
もう1度…

しばらくして再びきた~!
今度は完全にノッたぞ
え~い!リールを巻け巻けー
お!?
ソイでこのサイズなら結構うれしいけど…


d0111311_22394230.jpg

「カジカですよ~」


あらぁ
ソイじゃない
カジカでこのサイズはどうにもこうにも…
ほら、頭がでっかいから
身なんて3キレくらいにしかならない
いいダシは出ると思うけどねぇ
リリース確定だな
d0111311_22413977.jpg



このあとはアタリなし
いろんな場所を探ったけど早めに見切りをつけて終了

本日はちびっこカジカ1匹だけ


釣りはイマイチだったけど、晩飯は余市にある海鮮丼が有名なお店でおいしくいただいたので満足満足


d0111311_22523136.jpg

ついでにタラとばも安く買えた♪
(むきタラじゃなくて、この丸干しがうれしい)

次回は実家の父も誘って爆釣できますよーに!
[PR]

by totty1212 | 2007-03-21 22:58 | フィッシング

3月18日 海アメ釣行

土曜の昼に出発して島牧村へ行ってきたー
1週間前からずーっと天気に恵まれず
「一体いつ行けるかな」と気をもんでいた

予報では
曇り時々雪
風 弱い
波 1~2メートル
ってことなので、チャンスとばかりに家を飛び出していった

思えば私の釣りは去年の秋のサケ釣り以来
早く竿を振りたくてワクワクしながら4時間弱の道のりを走っていった


そして

約1年ぶりの島牧~!
はるばる来たぜ~
d0111311_141984.jpg

キタキツネもお尻を向けて歓迎~
(気のせい)

風が弱かったのでこのルアーをチョイス
d0111311_1431958.jpg

この手の「プラグ」と呼ばれるルアーは、強風だと空気抵抗を大きく受けてしまうので今ならOK

気持ちよーく遠投して、時々海や遠くの山を眺めて、いい気分♪
釣れなくてもこのフィールドに立っているだけで幸せ

しかし開始20分ほどで急に吹雪いてきた!
防寒はしっかりしてるので平気だけど、一緒にいたトッティがブルブル
仕方ないので抱っこして車へ引き上げた
ダンナさまはその間に30センチ弱の海アメを1匹あげたと言っていた
d0111311_14124462.jpg

吹雪の中がんばってる
その甲斐あって小物だけどちゃ~んとゲットしていた
スバラシイ

私は明日の朝まずめにかけることにした


日が暮れて夕食を済ませ、まだ寝るにはちょっと早い
ダンナさまは近くの漁港でソイ釣りを始めた
d0111311_14193715.jpg

やっぱり吹雪いてるねぇ
アナタ、もしかして雪オトコなんじゃ…

d0111311_14235414.jpg

寒さが身にしみないらしい


いつもより早いけど、9時ころに消灯
釣りの時、私たちはいつも車中泊
2年前に車を買い換えた時、これを想定して車を選んだ
2人で寝ても窮屈じゃなく、街乗りにもいいサイズ

ぐっすり寝ていたけれど、ゴーゴーとうるさい風の音で目が覚めた
イヤな予感がして天気予報を調べると…
風速 15メートル
波 高い
だとー!?
開始予定の5時ころまで様子をみたけど、雪が横に降ってるので「これじゃ釣りにならん」と島牧を離れることにした…
せっかく来たのに私、ほとんどやってないよ

このまま帰るのも惜しいので北上して積丹の「入舸(いりか)漁港」へ移動
ここも海アメのポイント
風をよけるために漁港を選んだ
でもすでに干潮の時間


…結局
ダメだった
アタリもなし
仕方ない、また次回にしよう


d0111311_1438599.jpg

帰り道は後部座席に積んだシュラフと毛布の上でぐったり
トッティ、お疲れさんだったねー
でもまた行くからヨロシク!
[PR]

by totty1212 | 2007-03-18 14:45 | フィッシング