カテゴリ:健康( 25 )

6月10日 札幌

またしても更新を放置してました…
きっとこれからもこんな感じが続くかな…



週末から帰省してます
暑さから逃れられるし、好きなアジサイやルピナスを見られる時期だからいい時に帰ってきました

今回はちょっと長く滞在する予定なので、トッティのオシッコが気になるところですが…


その後のオシッコの調子はというと、薬では検査結果が一進一退を繰り返していたけれど、膀胱洗浄で出血反応がなくなることから、薬はやめて膀胱洗浄を定期的に続けていくことになりました
あとphが高めで維持していたので、それまでの『スペシフィックccd』から『ロイヤルカナンphコントロール』に変更しました
これはすぐにいい結果が出たのでこのまま続けていきます
おデブのトッティには次回『ライト』にするつもりですが


ひとまずオシッコの状態を安定させることができてきたとこですが、膀胱洗浄の導尿の時、最後に白濁したものが出てくるという話もあり、まだ安心できません…

てもトッティはというと相変わらずなので、次回診てもらうまで、実家にいる間は不安がらずに楽しく過ごそうと思います


d0111311_13152644.jpg


めっきり減ってしまったトッティの写真…
こちらにいる間にたくさん撮ってあげたいと思います!
[PR]

by totty1212 | 2011-06-10 13:18 | 健康

6月9日 またしても

今日は狂犬病の予防接種を受けてきた

4月はフィラリアの検査とついでに血液検査、そしてフィラリア予防薬をもらう
5月は混合ワクチンの接種
これら2つを優先しているので狂犬病の予防接種は毎年6月になる


前々から、その後のオシッコの状態をチェックしたいと思いつつ診察ついでに持っていくのを忘れていたので、今日こそは!というわけで久しぶりに尿検査をしてもらった

血尿が出てストルバイト尿石症と診断され、それ以来、療法食で治療しながら定期的に検査をしてきた
検査結果の数値が安定してきたと思ったので、数ヶ月前から勝手に一般食へ切り替えてしまったけど、また悪い状態に戻ってないかと少し気になっていた


そして今日の結果。。。
また結晶が出ているということと、phが基準を上回っているということがわかった

なんだかいろいろショックだった
トッティの健康を害してしまったこととか、勝手な判断でフードを切り替えてしまった反省とか、悩んで選んだ『TLC』のフードにようやく落ち着こうとしていた時だったのにまた療法食に戻らなければいけないこととか。。。

やっぱり今後はずーっと療法食から離れてはいけないんだ、と思った
検査結果の数値が安定してくれば一般食と混ぜて食べさせるつもりだけど


最初に先生に言われたんだった
治るまでは長い時間がかかるだろうし、もしくはずっと療法食を続けなければならないかもしれない、と


今日は早速、病院で療法食をいただいてきた
トッティには晩ご飯からまた食べてもらわなきゃ
それと同時に、この症状と治療について、もう一度いろいろ調べてみようと思う
[PR]

by totty1212 | 2010-06-09 14:53 | 健康

3月8日 ふたたび。。。

昨日の夜、またトッティが足を痛がった
そういえば昨日は一日ゴハンを食べなかったし、久々におもちゃのロープを買ってきたけどテンションがそんなに高くなかった(←これはもう若くないからなのかと思った)
あとになって思えば、昼間からなんとなく調子が悪かったのかもなぁ


夜中3時ころ、突然鼻をヒーヒーならして痛そうにしていたので、私もパッと目が覚めた
自分の枕元に移動させてしばらく撫でているとちょっとずつ落ち着いてきてまた眠った
(その後、私は眠れなくなった。。。)


朝になっても布団で寝ていたので、いつものようにそのまま寝かせておいた
私が洗面所で顔を洗っていると、トッティが「ワン」と何か要求している声が聞こえた
たぶん戸を開けてほしいってことだろう、それならビリちゃんが反応して開けてくれるはず…
そう思って顔をすすいでいた


でもその後も何度か「ワン」と呼んでいる


ビリちゃんがテレビに夢中で開けてくれなかったか…と思いながら、急いでそちらへ行くと、
ビリちゃんはちゃんと戸を開けてくれていた
でもトッティは布団の中にいたまま


動けないほど痛いのかと思ってあせった
慌ててそばに寄るとちゃんと自分で移動したからホッとしたけど、それだけトッティも痛みで不安だったのかもしれない


d0111311_11234323.jpg

その後は窓辺でネコちゃんのように丸くなっているばかり
時々ビリちゃんがぶつかると痛くて「キャン」と鳴くこともある

病院に行ってもまた痛み止めを飲んで様子をみるだけになると思うので、このままうちで静かにさせておこうと思う
きっとこの足の痛みは一生おつきあいしていくものなんだろうな


d0111311_1124720.jpg

また安静の日々が続きそうです。。。
[PR]

by totty1212 | 2010-03-08 11:26 | 健康

1月16日 年ってこと

1週間、薬を続けて今日もう一度先生に診てもらってきた

まずは歩き方をチェック
「普通に歩いているように見えますね」 と先生
時々 “ヒョコヒョコ” 歩いているふうに見えなくもないけど、私もそう思ってた



そのあと前足をいろいろ動かして反応をチェックしていく
やっぱり左に比べ右のほうにイヤそうな反応があるという
それは私もこの1週間の間にやって、同じように思っていた


それから、ダックスに多いなんとかっていう症状について聞いた
自分の免疫が自分の細胞を攻撃してしまう病気?なんだけど、例えばそれが皮膚で起これば皮膚のただれになっちゃったりするらしい
足の場合、足首や指先、膝など先のほうで起こりやすいものなんだけど、トッティはどうやら肩もしくは首あたりに痛みが出ているらしいので、これが当てはまるとは考えにくいとのこと


というわけで肩を縦と横の2方向からレントゲン撮影することになった



d0111311_2211136.jpg

           ビリちゃんのテレビ番組を見て知った 『ペネロペ』





d0111311_22123314.jpg

           先日の朝ごはん、目玉焼きがペネロペみたいだった♪





しばらくして撮影した画像を見せてもらう
説明を受けたんだけど、特に異常が見当たらないとのこと
初見で何か見つかるものらしいけど、特にない。。。




レントゲンの結果やこれまでの経過から、今回の痛みは肩にかかるこれまでの負担やおデブになったことなどが原因となる関節炎みたいなものかと。。。
徐々によくなっているから、肩に負担をかけない生活を心がけて少しずつ普段の生活に戻していくよう言われた



それでも、また何か症状が出るようなら半日預けて、もっと検査をしましょうとのこと
まぁ、そういったことは今後なさそうだけど



たしかに。。。今回 『肩』 と言われて、思い出したことがあった
前の家では夜ベッドで一緒に寝ていたんだけど、夜中にオシッコのためトッティはベッドを飛び降りていた
トッティにしてみればなかなかの高さがあったので、それが毎日のこととなれば肩への影響はありそうなものだ
これは先生には話さなかったけど、なるほどな、そういうことか、と一人で納得


要するに、もう7歳だし。シニアだし、年ってことなんだな
さみしいけど。。。


今まで飲んでいた炎症を抑える薬はひとまず追加で1週間分もらった
薬をやめた途端に痛みが。。。ということがないように
(もういらないな、と思ったけど、先生が言うなら)



よし、明日からはもっと肩に気をつけてあげよう
ダイエットも本気で取り組んだほうがいいな
(先生に相談してダイエット向けのフードサンプルをもらってきた)
体重を減らして、肩への負担が減るようにしよう! おー!
[PR]

by totty1212 | 2010-01-16 22:14 | 健康

1月10日 なんだか元気

トッティのその後。。。

最初の診察の2日後に電話で経過を報告
びっこをひいたり、片足に体重を載せるような感じで立っていたり、右前足をかばっているみたい
それを伝えると、「薬がまだ残っているはずなので、飲ませてもう少し様子を見ましょう」ということになった


そして薬がなくなり、8日に再び電話で報告
先生には “安静に” と言われていたけど、結局ケージに入れっぱなしということはできず、なんだかんだ普段どおりの生活をしているトッティ
先日のような症状はだいぶおさまっている感じだし
とは言ってもまだ違和感がありそうにも感じられる。。。
というわけであと1週間薬を続けて、それから受診することになった

d0111311_1725252.jpg

       初めて診てもらった1月2日は、自ら安静にしていたトッティ
       ケージに入れなくても静かに横になってました



年が明けてから、トッティは散歩に一度も出ていない
ずーっと家の中で過ごしている
去年の元日は近所の工場が稼動していないおかげで、シーンと静まりかえった中を二人っきりで散歩して気分がよかった
だから大晦日の散歩の時に 「トッティ、明日も二人だけでゆっくり散歩しようね」 と話していたというのに…
なかなか散歩に行けず、私も残念
ここ数日は活発さがなく、すごーくおとなしくなっちゃってたし


だから! 今日は思い切ってほんのちょっとだけ外に出してみた
駐車場だけなんだけど
でも久しぶりににおい嗅ぎをしてリフレッシュできたんじゃないかな


早く先生から 「大丈夫です」 という言葉をもらって散歩が復活できればいいなぁ
[PR]

by totty1212 | 2010-01-10 17:06 | 健康

1月2日 正月から…

新年おめでとうございます
今年もほそぼそと更新を続けていこうと思いますのでよろしくお付き合いくださいませ


さて、元日そうそう(といっても明けて2日だったけど)夜中に突然トッティがヒーヒーと鼻を鳴らした
先月の誕生日の直後、ケージで夜中寝かせていると寒さが辛そうだったので、一緒の布団で寝るようになっていた
私の横で寝ていたトッティは鼻を鳴らしたあと 「キャン」 と鳴いてヨロヨロと布団を出ていった
驚いて私も起きて様子を見ていると、びっこをひいてるような感じがあり、背中も丸めているように見えた
痛みがあって落ち着かない様子だった

ダックスだし、いい年齢になってきたし、もしかして椎間板ヘルニアか…と思った
前にダックスの飼い主さんからヘルニアについての体験談で 「早く受診したのがよかったみたい」 ということを聞いたいたので、しばらく悩んだけどかかりつけ病院の救急外来用の番号に連絡してみることにした

この病院の救急外来のシステムは、専用番号に電話をかけて必要事項や症状をメッセージとして録音すると、5~10分後に折り返し連絡がくる、そして受診する、というもの
痛みが辛そうだけど、朝まで様子を見て、それから受診すればいいかどうかを相談したかった
折り返しの連絡がくるまでの間、一度トッティは普通にまっすぐ歩いていた
そのことも先生に電話で伝えると、「普通に歩いているようなら朝まで様子を見てもいいと思います」 という返答をもらった(やっぱりな)
ただ、ダックスは椎間板ヘルニアの心配をしなければならないのだけど。。。ということもやっぱり言われた
朝まで様子を見ることに決めたけど、心配でなかなか眠れなかった
トッティも時々鳴いてるし…


そして朝
通常の診察は9時からで、この日は開始から予約が埋まっていたので時間外診療ということで8時半に診てもらった
いつもの先生が出勤していてくれてホッとひと安心
改めて昨夜からの症状を説明する
先生は体のあちこちを触って調べていく


考えられるものとして3つあり、1つは骨折や捻挫などの整形外科的なもの、もう1つは内臓にある原因が元で足や腰などに痛みが出るもの、最後に神経学的なもの、だと言われた
1つめ2つめはどうやら違うようなので、神経学的なテストをしてくれた
その結果、前足、特に右足に痛みがある、ということがわかった
たしかに足を床につけないようにしてるふうには見えたけど、てっきり腰だとばかり思っていた
ヘルニアらしい症状が見られるけど、首や腰、背中に痛みはなさそうで、前足だけ痛がるし右前足だけテストの反応が鈍かった


これだけでは足に異常があるのか、足と脳をつなぐ神経あたりに異常があるのかなど、詳しくは判別できないとのこと
レントゲンをバシャバシャ撮っても 「砂漠で10円玉を探すようなものだし、(金銭的に)もったいない」 ので、あさってまで様子を見ることになった
詳しいことを判別するにはもう少しまとまった時間が必要だと言われた


それまでケージに入れて安静にし、痛みで食欲が落ちないよう痛み止めの注射をして明日以降の痛み止めの錠剤ももらってきた
安静にしてそのまま症状が改善されるようならいいのだけど…
でもこのままよくなって結局原因がなんだったのかわからない、となるのもちょっと落ち着かないような…


病院から帰ってトッティはケージの中で休んでいる
痛み止めがきいているのか夜中よりも少し元気があって、さっき一度 “出して!” って吠えていた
(もちろん出さないけど)
丸くなって寝るより、体をまっすぐにしてうつ伏せ状態がラクみたい
トッティ用のベッドだと体を伸ばすには狭いので、座布団をケージに敷いてあげた
今は静かに横になっている
原因がわかって早くよくなるといいな。。。
あさってまでの間にどんな変化があるか、しっかり見ておかなくちゃな
[PR]

by totty1212 | 2010-01-02 11:22 | 健康

11月13日 体重管理

先日、動物病院へ行ってきました
ずーっと療法食を続けてきたけど、尿検査の結果は安定を見せているので、そろそろ他のフードを混ぜて与えてもOKということになりました

他に気になっていた体重、一時期 『ちょっと腰まわりが細くなったかも!?』 と思っていたので、減っていることを期待したけど、前回とまったく同じ6.8キロ…
ガッカリしていると 「療法食は太りやすい」 という先生の言葉
そうなんだ~! 初めて知った!
太り気味なのは去勢のせいばかりではなかったのかぁ

それなら他のフードを混ぜることで、少しは体重が減るかも!
トッティのダイエットがなんだか楽しみになってきました

というわけで、ウエイトコントロールができるフードをどれにしようか今検討中です
[PR]

by totty1212 | 2009-11-13 11:32 | 健康

8月27日 サボリ癖

春くらいだったかな?
トッティの歯磨きを毎晩きちんと続けるぞ! と決意したのは
そしてちゃんと毎日続けるようになった

歯ブラシにチキンフレーバーの歯磨きペーストをつけて舐めさせる
そのあと指にペーストをつけて歯に塗る
(これが限界。歯ブラシを当てると嫌がる)
それだけなんだけど、歯磨きをイチからやり直そうと思ったので今はこれでいいのだ

いつになったら歯ブラシで磨けるようになるだろう…
まあいい、気長に続けていくさ~、と思って地道にやっていた



それなのに


お盆の連休の間にサボリ癖がついてしまった。。。
『なんか今日は疲れたから…』 なんて自分に言い訳して、後ろめたさからトッティにきちんと「おやすみ」もしないまま布団に入り、数日が過ぎてしまった


そしたら


なんだか最近トッティのお口がクサイ
去年、歯石除去をしたけどそれ以前のあのニオイが蘇えりつつある



だから、最近また歯磨き習慣を復活させた
一度サボると、またちゃんとやるようにするのに結構エネルギーがいるな(大げさっぽいけど)
すっかり私のココロの中に「めんどー」が蔓延しちゃってるけど、喝を入れて今日もやるぞ!
で、明日も、あさっても、やるぞー!
クサイのはもうイヤなの~


d0111311_22151122.jpg

       ん!? なんですか?


d0111311_22161185.jpg

       歯磨きですかぁ。。。(ショボ~ン)
[PR]

by totty1212 | 2009-08-27 22:16 | 健康

7月20日 やっぱりね

今日は約2ヶ月ぶりにトッティの尿検査
午前中にオシッコを持っていくと連絡してあったので、朝イチのオシッコを採ろうとしたんだけど、今日は失敗してしまった

いつもならトイレシートを裏返しておき、オシッコが染み込まないようにしている
だけど今日は“もしかしたら大量のオシッコが出て、シートからはみ出すかも”という思いが湧き、トイレシートを裏返さず、その代わりお弁当に使うようなアルミカップで採ることにした

アルミカップを使う方法は初チャレンジだったし、寝起きのボーっとした頭で考えたことだからうまくいかなかった…
トッティはトイレでオシッコする時、腰をおとすのでオチンチンがシートにべったりついている
そんなところにアルミカップが入るわけがない
『あわわわ~!』っと慌ててる間にオシッコは全て出てしまった
試しにシートに染み込んだオシッコを採尿用のスポイトで吸ってみるけど、うまく吸い取れないし、シートの繊維でも混じってしまうとよくないだろうと思ったので、スポイトを洗って再挑戦することにした

ビリちゃんがまだ布団で寝ていてくれたので、その隙にトッティを外に連れ出して玄関前でやり直し
今度はちゃんと(?)トイレシートを裏返して使う

だけど家の中と違って、トッティが足を上げたところに素早くシートを入れなければならず、結構難しい
しかもオシッコは先ほどほとんど出てしまったので、少ししか出ていないはず…

トッティが立ち去ったあとのシートを見ると、2~3滴分くらいのオシッコしかそこにはなかった
『どーしよ…』 と思ったけど、これしかないんだもん
とりあえずスポイトで吸い取った



そして病院


受付でオシッコを渡す時に 「うまく採れなくてこれしか持ってきていないんですけど…」 と前置きすると、「先生に確認してみますね」 と言われた
あっさりした返事だったので 『もしかして大丈夫かな?』 なんて期待したけど甘かった…

その後、受付の人が先生にトッティのオシッコを見せて説明している様子が待合室から見えた
先生、苦笑いしてる! (いや、普通の笑いに近いかも)

やっぱりね~! そーだよねー!
検査できるわけないよね~

受付の人に話を聞くまでもなく、結果はわかった
「検査ができないことはありませんが、検査結果にブレが生じるかもしれませんので…」ということで、採りなおし


明朝ふたたび採尿です
今まで通りトイレシートを裏返す方法で採るつもりです!
d0111311_21463981.jpg

      もう失敗しないぞー
[PR]

by totty1212 | 2009-07-20 21:49 | 健康

5月20日 混合ワクチン

昨日はトッティの注射に行ってきました
いつも動物病院へ行くと、私はビリちゃんと一緒に待合室、ダンナがトッティを連れて外で待機
トッティが待合室で大人しくしていられないからだったのだけど、昨日はビリちゃんを外で遊ばせてあげたいと思い、これまでと逆のパターンを試してみました

『またワンちゃんに向かって吠えまくるんだろな~』と思いきや、最初に数回だけ吠えたものの、その後は静か~にしていた!!
吠えないだけじゃなく、お座りの指示を出すとちゃんと座っていたし
なんだかいい手ごたえを感じはじめ、このままの状態をキープするためトッティの胸を上から下にずーっと撫で続けた

「トッティちゃーん」と呼ばれるまで待つこと約20分
そのままちゃーんと待っていられました!
すごい! エライ!
こんなの初めてだ
やっぱり去勢したのが関係あるのかもしれない
いつもなら吠えて興奮して、ハァハァと息が上がってしまうけど、昨日は口が開くこともなかった

ヨカッタヨカッタ
とってもうれしかった
やればできるじゃないかー、トッティよ
d0111311_22135650.jpg

        よくわからんけど、いい子になったです


そして診察
はじめに先生はトッティの目を診ている
目にパンチをするフリをしたり、何か反射テストのようなことをやっていた
しばらくやった後で
「待合室で見かけた時に瞳孔が開いてるように感じたんですが…」と先生
散歩中、私の後ろを歩いたり、部屋の中でものにぶつかって歩くようなことはないか質問された
……ちっともそんなことない

目が見えにくくなっていくナントカっていう病気を疑っていたようだけど、どうやらその心配はなさそうだということで話は落ち着いた
あぁ~よかった~
無言で目ばかり診ている時はすっごくドキドキした
まぁでも、(Mダックスは、だっけ?)若い子でも急に発症することがあるそうなので、もう若くないトッティはこれから注意してあげなきゃならない


尿検査が前回から1ヶ月ほどたったので、注射ついでに再検査をお願いした
前回はph7.5と正常範囲をオーバー
今回はという結果!
めでたく正常値に戻った
よかったぁ

いやいや、先生にも釘をさされたけど、これで気が緩んでしまうようではいけない
“療法食のみ生活”はこのまま続行


今回は健康上の問題はないし、待ち時間をいい子で過ごせて、なんだか帰り道はルンルン気分♪でした
[PR]

by totty1212 | 2009-05-20 22:32 | 健康